【個人事業主向け】請求書買取おすすめ10選!即日入金・手数料などの仕様を徹底比較!

請求書買取個人・フリーランス

「個人事業主でも請求書買取のおすすめ業者を知りたい。」

近年様々な働き方ができるようになり、会社員ではなく個人事業主の道を歩む方も多くなっています。

個人事業主は時間や場所にとらわれず仕事ができるので自由な時間を捻出しやすく、今非常に注目されている働き方です。

しかしフリーランスの平均年収はまだまだ厳しい状態で、資金繰りに困っている個人事業主やフリーランスの方は多いのではないでしょうか?

そこで今回は、個人事業主やフリーランスの方でも簡単に資金調達できる「請求書買取」について説明をします。

また請求書買取のおすすめ業者についても紹介しますので是非ご参考ください。

サービス名特徴公式サイト
ビートレーディング
ビートレーディング
・累計取引件数4.6万件
・審査通過率98%と審査に通りやすい
・100万円以上の債権でも最短2時間で入金可能
・手数料2%〜12%
https://betrading.jp/
ペイトナーファクタリング
・個人事業主・フリーランス特化サービス
・申し込みから最短10分で入金可能
・初回限度額25万円
・手数料は一律10%
https://paytner.co.jp/factoring
アクセルファクター
アクセルファクター
・即日入金に対応
・30万円〜1億円の取引に対応
・手数料は2%〜
https://accelfacter.co.jp/
目次

個人事業主やフリーランスでも利用できる「請求書買取」ってどんなサービス?

個人事業主の請求書買取

請求書買取とは、入金期日前の請求書を前もって買取ってもらいお金を調達できるサービスです。

「一見すると売掛金って売っても大丈夫なの?請求書買取って法律的に大丈夫?」と思われる方もいるかもしれませんが、もちろん違法ではありません。

請求書買取とは入金前の売掛金買取のことを意味し、売掛債権を譲渡して資金調達を行う「ファクタリング」のことを指します。

ファクタリングは、経済産業省でも推奨されている正当な資金調達方法になります。

請求書買取が注目されている理由は様々ですが、やはりフリーランスの方の中には資金繰りに苦労している方が多いことでしょう。

特に駆け出しのフリーランスの場合、仕事を受注してから売掛金入金までの時間にタイムラグがあることに苦労する方も多いはずです。

入金になるまでの時間が長ければ長いほどキャッシュフローを悪化させてしまうことになり、がなくなれば事業が回らなくなります。

請求書買取は入金前にキャッシュがなくなる期間のタイムラグを埋めることができるので、資金繰りの問題を解消できます。

例えば業務完了してから、入金期日が3ヶ月先の請求書でも「請求書買取サービス」を利用すれば、申し込みから最短即日で入金できる場合もあります。

請求書買取のメリット
  • 即日で請求書を現金化できるので急な資金繰りに対応できる
  • 個人事業主の融資に比べ審査通過率が20%以上高い|売掛先の信用で審査される
  • 担保や保証人が存在しない
  • 取引先の支払いリスクを回避できる
請求書買取のデメリット
  • 融資と比べ手数料が高い
  • 売掛先に支払い能力がない場合、審査に通らない

下記では個人事業主におすすめの請求書買取サービスをご紹介します!

【個人事業主向け】請求書買取サービスおすすめ10選|即日入金に対応したサービスをご紹介!

個人事業主やフリーランスにおすすめの請求書買取サービスを10個厳選してご紹介します!

【個人事業主向け】請求書買取おすすめサービス①:ビートレーディングは審査通過率98%あり利用しやすいサービス!

ビートレーディング
手数料二社間:4%~12%

三社間:2%~9%

調達可能額下限・上限なし
対応スピード最短2時間
契約方法出張契約、来社契約、オンライン契約
営業時間9:00-18:00
運営会社株式会社ビートレーディング
ホームページURLhttps://betrading.jp/

ビートレーティングは2012年に設立されたファクタリング業者で、取り扱い金額は1,060億円に迫る老舗の請求書買取会社になります。

月間契約数は800件あり、個人から法人までさまざまなニーズを持った顧客に対応しています。

審査通過率は98%を超えており、個人事業主にも利用しやすいサービスとなっています!

取り扱い金額に下限も上限もなく、3万円〜7億円の請求書買取に対応している実績があります。

申し込みから入金まで最短即日で対応してくれるので、早急に資金が必要な方にもおすすめできます。

>>>ビートーレーディングに無料相談する

利用者の声:内小児科

勤務医として25年間働いてきましたが、いつかは自分の病院を持ちたいという夢を捨てきれず昨年開業しました。

しかし、すぐに軌道へはのらず、設備投資にたくさんの費用を使ってしまったこともあり、運転資金が底をついてしまいました。

開業したばかりで銀行融資に頼ることが出来ない上に、ノンバンクに頼ってしまうと今後の銀行融資に影響が出ることからファクタリングを利用することに決めました。

いざ使ってみると提出する資料も少なく審査も簡単に通過できたため、問い合わせから3日後には、470万円の資金を受け取ることが出来ました。スムーズに運転資金の確保ができたことで、今は患者数も順調に伸びており、ファクタリングを利用して本当に良かったと思っています。まだ銀行融資を受けられる段階ではないので、銀行融資がおりるまではビートレーディングさんにお世話になる予定です。

引用:ビートレーディング利用の声

ビートレーディングの口コミを見るとスピードの速さを上げている利用者が多いです。

またリピートが多いのも特徴でビートレーティングのファクタリングに満足している証拠でしょう。

>>>ビートーレーディングに無料相談する

【個人事業主向け】請求書買取おすすめサービス②:ペイトナーファクタリングはフリーランスでも利用できる

ペイトナー
手数料一律10%
調達可能額初回25万円
2回目以降 100万円まで
対応スピード最短10分
契約方法オンライン契約
営業時間平日10:00〜18:00
運営会社ペイトナー株式会社
ホームページURLhttps://paytner.co.jp/

ペイトナーファクタリングは、フリーランス・個人事業主に特化した請求書買取サービスです。

セブン銀行や損保ジャパンなどの大手企業と提携を組んでサービスとなります。

最大のメリットは、入金までのスピードが非常に早いことです。

最短申し込みから10分で入金できるのは大きなメリットになるでしょう。

オンラインで手続きを完結させることができるので全国どちらに住んでいても利用できます。

利用可能金額も最大100万円とフリーランスが利用するには十分な金額でしょう。

>>>ペイトナーファクタリングで最短10分の無料審査を受けてみる

利用者の声:広告コンサルタント:3年目

好きなタイミングですぐに活用できるのが良い。

取引先の広告運用を請け負う上で、広告費の建て替えを行っています。

取引先の意向などで広告費が変動する月もあり、手元の資金を上回る建て替えを求められてしまうことがありました。

そんな時にペイトナー(旧yup)さんを活用させていただいていました。

必要な時にすぐ使える手軽さがありがたいです。

引用:ペイトナーファクタリング利用者の声

ペイトナーファクタリングの口コミを見ると、丁寧な対応と使い勝手の良さを上げている利用者が多いです。

フリーランスは売り上げが月によって不安定になる可能性があるのでペイトナーファクタリングを利用するメリットは大きいです。

より詳しくペイトナーファクタリングについて知りたい方は「ペイトナーファクタリング評判・口コミ」の記事をご参考ください。

【個人事業主向け】請求書買取おすすめサービス③:アクセルファクターは50%の利用者が即日入金を達成している!50万円以上の請求書買取にはおすすめ

手数料2%〜
調達可能額30万円〜1億円
対応スピード最短即日対応
契約方法出張契約、来社契約、オンライン契約
営業時間日9:30-18:30
運営会社株式会社アクセルファクター
ホームページURLhttps://accelfacter.co.jp/

アクセルファクターは取引実績の累計200億円を誇る老舗のファクタリング企業です。

年間の相談件数も3000件以上あり、多くの個人事業主から法人の方に利用されています。

サービスの特徴としては、30万円〜1億円までの売掛債権に対応しており申込から最短即日での入金が可能です。実際に利用者の50%以上の方は即日入金を達成しています。

また最大6ヶ月先期日の請求書の取引にも対応しているので、支払サイトの遅い建設業者や運送業者の利用者が多いです。

利用者の声:飲食業(50万円の調達)

個人で飲食店を経営しているH様は、クレジットカード決済・電子決済の多さから、たびたび現金の資金繰りを行わなければならない状況に陥っていました。
そこで、H様は自治体からの補助金や協力金が得られるまでの「つなぎ資金の調達」としてファクタリングを活用することを決意。
個人事業主様にも対応しているアクセルファクターにお声がけくださりました。
下記の記事ではクレジット債権を利用したファクタリング事例、調達できた金額をご紹介しております。

引用:アクセルファクターの利用者の声

>>>アクセルファクターに無料相談する

【個人事業主向け】請求書買取おすすめサービス④:QuQumoは手数料1.0%〜14.8%と業界際やすい水準

ququmo
手数料2社間:1%〜14.9%
調達可能額上限なし
対応スピード入金まで最速2時間
契約方法オンライン
営業時間平日9:00〜17:00(メール24時間対応)
運営会社株式会社アクティブサポート
ホームページURLhttps://ququmo.com/

QuQumoは来店不要でオンラインで申し込みから入金まで、最速2時間で対応可能です。

また手数料が、最低1%からと通常の請求書買取事業者よりも圧倒的に低くなっています。

取り扱いファクタリングの形式が2社間ファクタリングとなっており、取引先に請求書買取を利用したことを知られることもありません。

QuQumoの利用に必要な書類は、直近3カ月分の入出金明細と請求書のみです。

>>>QuQumoの無料審査を受けてみる

利用者の声:建設業:600万円

銀行に行っても貸してもらえず、途方に暮れていたとき広告を見てすぐに相談しました。 私は、ネットが苦手で不安でしたが サポートセンターに問合せをしながら安心して契約を進めることができました。必要書類も少なくこんなに簡単に資金調達ができるんだとびっくりしてます。 また困った際にはお願いしようと思います。

引用:ququmo

>>>QuQumoの無料審査を受けてみる

【個人事業主向け】請求書買取おすすめサービス⑤:ラボルが上場企業運営で安心できる

ラボル
手数料2社間:一律10%
調達可能額上限なし
対応スピード入金まで最速2時間
契約方法オンライン
営業時間平日9:00〜17:00(メール24時間対応)
運営会社株式会社アクティブサポート
ホームページURLhttps://labol.co.jp/

ラボルは、手数料が一律10%なので非常にわかりやすいです。

また1万円から対応してくれるので、フリーランスに優しく小口債権を現金化したい方にも安心です。

またオンライン契約ができるので全国どこにいても利用出来るのもメリットになるでしょう。

また東証プライムの株式会社セレスの100%子会社の株式会社ラボルが運営しているため、実績・信頼から見ても申し分ないでしょう。

>>>ラボルを利用してみる

利用者の声:ラボルのグーグルマイビジネスの口コミ

ラボルを初めて利用した感想。すべての手続きはオンラインで完結でき、ウェブ面談などもなくとても気軽に利用できました。入金時間も前日15時以降に申し込みをして次の日の昼すぎには入金されてました。買取申請に必要なものは、請求書。エビデンスも、請求金額、支払期限、担当者のメールアドレスが確認できるメールを動画撮影したものだけでOKでした。必要書類も少ないのでとてもおすすめです。

引用元:グーグルの会社口コミ

ラボルの口コミを見るとスピーディーな対応と面談が必要なく、オンラインで手続きを完結できる手軽さを上げている利用者が多かったです。

必要な書類が少ないためすぐに準備できるのをメリットになります。

>>>ラボルを利用してみる

【個人事業主向け】請求書買取おすすめサービス⑥:フリーナンスは個人事業主のお金と保険のサービス

フリーナンス
手数料二社間:3%〜10%

三社間:なし

調達可能額1万円〜1,000万円まで
対応スピード最短即日対応
契約方法オンライン契約
営業時間24時間対応
運営会社GMOクリエイターズネットワーク株式会社
ホームページURLhttps://freenance.net/

フリーナンスはインターネット大手のGMOグループが手がけている請求書買取ファクタリング業者です。

最大1,000万円まで資金調達できるので大口で利用したい方も安心でしょう。

フリーナンスはファクタリングだけでなく、無料で損害賠償保険(最高5000万)が利用できます。

屋号のついた振込口座を開設できるなどフリーランスにとってありがたいサービスをたくさん転換しているのはメリットでしょう。

また最短即日対応してくれますしオンライン契約もできるので多くの方にとって安心感がある業者といえそうです。

インターネットから開設できるので気軽で助かりました。大手グループが運営しているという事もあり、安心して事業を続けられるのは大きな魅力ですね。ただ即日払いだと手数料が取られてしまうのが痛手です。またフリーナンスのアカウントを持っておく事で、企業からの信頼が得られるのも嬉しいポイントです。何かトラブルがあっても、あんしん補償があるので負担が無くなります。

引用元:みん評

フリーナンスの口コミを見てみると、ファクタリングに満足している口コミも多いですが、損害保険や銀行口座などフリーランスに必要な様々なサービスを総合的に提供していることに満足しているユーザが多いです。

フリーランスとして生計を立てていくためには、まずはフリーナンスのサービスを利用するのが良いでしょう。

【個人事業主向け】請求書買取おすすめサービス⑦:No.1ファクタリングは100万円以上の取引でお得

No.1ファクタリング
手数料2社間:5%~15%

3社間:1%~5%

調達可能額10万円〜5,000万円
対応スピード最短即日対応
契約方法出張契約・電話契約・オンライン契約
営業時間平日9:00〜20:00
運営会社株式会社No.1
ホームページURLhttps://no1service.co.jp/

No.1ファクタリングは、手数料が低く、調達金額も小口から大口まで対応しています。

対応スピードも最短即日と非常に早いのもメリットです。

また契約方法についてはオンラインはもちろんですが出張契約は電話契約でも可能なのでインターネットが苦手な方も安心です。

口コミ

ファクタリングの審査は通りやすいけど、通らないこともあるから、土壇場で困ることがあります。私の場合、ファクタリングの優先順位は低くて、資金調達は銀行融資から始めます。すると、どうしても調達に時間がかかりますから、複数の銀行に融資を依頼して交渉して、そのうちに資金繰りが苦しくなることが結構あるんです。ファクタリングに申し込んで、審査受けて、落ちるなら落ちるですぐに結果が出ればいいんですけど。業者によっては時間がかかります。業者変えながら審査落ちが何回か続いて、ギリギリで調達できたからいいけど、ヒヤッとしました。

引用元:No.1ファクタリング公式

No.1ファクタリングは、スピーディーな対応と償還請求権のないファクタリングにメリットを感じているユーザが多いです。

売掛金の業種によっては時間がかかるようですので時間に余裕を持って申し込みをした方が良いでしょう。

【個人事業主向け】請求書買取おすすめサービス⑧:事業資金エージェントは平日だけじゃなく土曜も利用できる

事業資金エージェント
手数料二社間:1.5~20%

三社間:1.5~20%

調達可能額20万円から2億円
対応スピード最短3時間
契約方法オンライン契約
営業時間24時間365日利用可能
運営会社株式会社アネックス
ホームページURLhttp://js-agent.com/

事業資金エージェントは、 500万円の請求書ならば最短3時間で資金調達ができます。

オンライン契約も可能なので全国どこにいても利用ができます。

ただし最低限度額が20万円のため、単価の低い案件の請求書は利用できない可能性があるので注意しましょう。

口コミ

まず業界最低水準の手数料としてHPのトップに書かれてる1.5%ですが、3社間ファクタリングの手数料です。HPの下の方に小さく記されています。 肝心の2社間の手数料はどうかと言うと、特別安いものではありません。どちらかと言うと入金速度を売りにしている業者です。 うちのように、施工主からの入金遅れで仕入先への支払いが確保できず、という状況なら検討の余地はあります。 一方でスケジュールに余裕がある会社さんなら、じっくりと手数料が安い業者を探したほうが良いです。

引用元:ファクタリング会社の口コミ

【個人事業主向け】請求書買取おすすめサービス⑨:アウル経済は2社間ファクタリングに特化している

アウル経済
手数料1%〜
調達可能額
対応スピード最速2時間
契約方法オンライン面談/電子契約対応
営業時間平日9:30〜19:00
運営会社株式会社アウル経済
ホームページURLhttps://owl-economy.jp/

アウル経済は経営コンサルティング事業をメインとし、ファクタリング事業も運営している会社です。

手数料が1.5%からと業界最安水準で安く、対応スピードも最速2時間と申し分ありません。

オンライン面談にも対応してくれているので全国どこにいても利用が可能です。

ただし調達可能額については記載がなかったので、事前の問い合わせが必要となります。

資金調達の際、弊社は銀行に融資をお願いすることが多かったのですが、毎回用意する書類が多く審査に時間がかかることがネックでした。また銀行の窓口に赴くことも負担でした。そのような中アウル経済のサービスを利用したところ、必要書類も最小限ですぐに審査していただけ、相談から入金まで約1日程度と、とても素早い対応をしていただきました。

引用元:アウル経済

アウル経済の口コミを見てみると、スピーディーな対応や必要書類の少なさを上げている利用者が多かったです。

銀行融資と比べ手数料は高いですが手続きが簡単なのは大きなメリットになるでしょう。

【個人事業主向け】請求書買取おすすめサービス⑩:ファクタリングのTRYは土曜でも即日入金に対応

ファクタリングのトライ
手数料二社間:10%~

三社間:5%~

調達可能額10~5,000万円
対応スピード最短即日
契約方法オンライン契約(完結は不可)
営業時間9:00~18:00(土曜日・日曜日・祝日を除く)
運営会社株式会社アネックス
ホームページURLhttp://sko-tokyo.com/

ファクタリングトライは秘密厳守の2社間ファクタリングに特化した会社です。

「最短即日入金」「徹底した秘密主義」「トライの手数料は3%の業界最安水準」の特徴があり、顧客第一主義をモットーに掲げています。

10万円の小口債権から5000万円の大型債権を対応しています。

スポット利用なのに手数料が安い優良会社。 2回目以降は手数料が下がることを売りにしている会社もあるようだが、そもそもファクタリング自体が継続利用に適したサービスではないので、はっきり言って無意味なアピール。 2社間のスポット利用で、手数料が低めの会社を探していた。ここははそんな厳しい要件を満たす数少ない会社。

引用:公式ページ

個人事業主が請求書買取サービスの選ぶ時の6つのポイント

請求書買取サービスを選ぶ時のポイント

請求書買取サービスを選ぶときのポイントは様々ですが、主なポイントは6つに集約されます。

  • 契約方式が2社間ファクタリングか3社間ファクタリングか
  • 入金スピードが早い
  • 手数料が1〜10%
  • 償還請求権ない
  • オンラインに対応しているか
  • 実績や評判が良い

契約方式が2社間ファクタリングか3社間ファクタリングか

まずは、契約方式が2社間ファクタリングか3社間ファクタリングのどちらであるかを確認するようにしましょう。

2社間ファクタリングとは、個人事業主と請求書買取を行うファクタリング業者の間で行われるファクタリングになります。

2社間ファクタリングは、「売掛先(取引先)にファクタリングの利用を知られない」「入金スピードが早くなる」のがメリットです。

ただし取引先とファクタリング業者が関与しないので、ファクタリング業者から見ると貸し倒れのリスクが高まります。

そのため次に説明する3社間ファクタリングよりも手数料が高い傾向にありますので注意してください。

3社間ファクタリングとは、フリーランスと請求書買取を行うファクタリング業者、そして請求書を発行した企業の3社間で行われるファクタリングです。

3社間ファクタリングの場合、資金の回収は売掛先ににファクタリング業者が直接行うため2社間ファクタリングに比べて回収できなくなるリスクが低くなります

そのため手数料が低いのが一般的になります。

ただし取引先にファクタリングの利用が知られてしまうデメリットが存在します。

入金スピードが早い

請求書買取サービスを利用する際は、入金スピードにも注目するようにしましょう。

請求書買取サービスを提供しているファクタリング業者の中には、即日の入金を実現させている業者もあります。

しかし中には、入金スピードが遅い業者もありますので利用する際は入金スピードについてはしっかり確認するようにしましょう。

また資金調達までのスピードが遅い代わりに、高額債権の取引の手数料を安くする請求書買取サービスも存在します。

そのため自分のニーズにあうような入金スピードのサービスを選ぶと良いでしょう。

手数料が1〜10%

契約形式によってファクタリングの手数料は異なります。

2社間ファクタリングの場合「10%〜30%」、3社間ファクタリングの場合「3%〜15%」が手数料相場になります。

手数料が高くなると現金化できる額が下がってしまうので、なるべく手数料が安い方が良いでしょう。

例えば請求書の額面30万円でも手数料が20%との場合、24万円しか現金化できません。ファクタリングにおける手数料は融資における利子のように重要なのです。

そのため手数料が「1%~10%」のサービスを選ぶと良いでしょう。
手数料について詳しく知りたい方は、ファクタリングの手数料相場の記事をご参考ください。

償還請求権がない

請求書買取に償還請求権がありません。

償還請求権とは、請求書を発行した業者が倒産した場合、請求書買取サービスを利用した方が代わりに請求書の金額を支払わなければならないことです。

請求書買取で償還請求権がある場合は、売掛金を担保にした貸金業になります。

基本的に償還請求権があるファクタリング業者は、ファクタリング業者と見せかけた法外な手数料をとるヤミ金であることが多いので避けるべきでしょう。

オンラインに対応しているか

最近はオンラインに対応している業者も多くなってきており、オンラインに対応していれば全国どこにいても請求書買取サービスの利用ができます。

オンライン対応のファクタリングサービスは、事務手数料や対面での手続きにかかる費用を減らすことができるので、対面のファクタリングサービスよりも手数料が安くなります。

中には対面でないとサービスの利用ができない業者もありますが、地方に住んでいる方の場合は特にオンラインに対応しているかどうかもしっかり確認するようにしましょう。

実績や評判が良い

請求書買取サービスを利用する際は、実績や評判が良い業者を選ぶようにしましょう。

残念ながらファクタリング全般に言えることですが、業者の中にはヤミ金まがいの怪しい業者があるのは事実です。

もしそのような業者に引っかかってしまうと、資金調達どころではなくなってしまいます。

法外な請求をされる可能性もあり、トラブルに発展する可能性が高いからです。

それだけでなく、暴力を含め違法な取り立てにあってしまう可能性もあります。

請求書を買取ファクタリングを利用する際は、インターネットの口コミや実績についてしっかり確認するようにしてください。

個人事業主の請求書買取についてよくある質問

個人でも即日入金できる請求書買取サービスはありますか?

個人で即日入金できる請求書買取業者は「ペイトナーファクタリング」「アクセルファクター」がおすすめです。

ペイトナーファクタリングは初回取引25万円が上限ですが、最短10分での入金が可能です。

またアクセルファクターは30万円〜1億円の取引が可能で、50%以上の利用者が即日での資金調達を達成しています。

請求書のみでファクタリング(請求書買取)は利用できますか?

請求書のみのファクタリング利用は基本的に難しいでしょう。

審査を行うために請求書以外の書類が必要となります。サービスによって必要書類は異なります。

誰でも通るファクタリングサービスはある?

誰でも通るファクタリングサービスは存在しません。

ファクタタリングの審査通過率は平均70%と言われています。売掛先の与信があり、提出用の必要書類が揃っていれば審査に通ります。ただしファクタリング会社の中にはリスクのある請求書でも買取に対応している資本力と審査ノウハウを備えた会社も存在します。そのため審査に通るか不安な方は審査通過率の高い請求書買取サービスを利用しましょう。

ファクタリングに必要な書類は?

ファクタリングに必要な書類は以下になります。

  • 請求書
  • 身分証明書
  • 3ヶ月〜6ヶ月の入出金履歴のわかる通帳
  • 確定申告書(決算書)
  • 納税証明書
  • 取引先との基本契約書
  • 取引先とのやりとりが分かるチャット・メールなどの履歴が分かる写真
よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

この記事を書いた人

目次